スター効果を持つ宝石ってどんな種類があるのか?

(未評価です。)
stkoka-ict

宝石と言えば、美しいカラーとそれを引き立たせる透明度を持っていることが条件のように思っている方も多いのではないでしょうか?しかし、宝石の中には、透明度の高さではなく、独特な効果を持っているものたちがあり、通常の宝石とは違った楽しみ方ができるのです。有名なところでは、ブラックオパールなどの『遊色効果』ですが、特別な価値を与えられる効果は他にもあるのです。
今回ご紹介する『スター効果』とは、宝石表面にまるで星が浮かんでいるように6条の線が現れるもので、透明度が高いものほど高価値と考えられているサファイアなどにもこの効果を持つものがあります。スター効果を持つ宝石は『スター〇〇』などと呼ばれます。こういった効果に関しては、全く同じ模様が出現することが無いので、世界に一つだけの自分の宝石として楽しめることもあり、通常のものよりも高い評価を受ける場合が多いです。
今回は、世界に唯一無二の自分だけの宝石が実現する「スター効果を持つ宝石」の種類をご紹介します。

スター効果とは何だ?

それではまず、「スター効果って何?」という方のために、この効果がどういった物かを簡単にご紹介しましょう。冒頭でご紹介したように、宝石の価値は、美しいカラーで高い透明度を持つものほど高くなると考えられがちです。しかし時には、透明度などは無視して高い価値を付けられるものがあるのです。
その代表例が『スター効果』と呼ばれるもので、別名で「アステリズム効果」、「星彩効果」などとも呼ばれる光の効果です。スター効果は、宝石の内部に針状のルチル(金紅石)、輝石、角閃石などのインクルージョンが含まれており、かつ、その針状結晶が2方向以上並行に並んでいることが条件で出現します。並行に並んだ針状結晶は光が反射することで、焦点を結び、まるで星型のように見えることからこの名称がついています。
ちなみに、スター効果は、2方向の場合は4条の星型、3方向の場合は6条の星型、4条の場合には12条のスターが現れます。
こういったスター効果を持つ宝石は、より美しくスター効果が出現するように『カボション・カット=半球状や球状』を施されることが多いです。

スター効果を持つ宝石たち

それでは、実際にスター効果を出現することで有名な宝石たちをご紹介していきましょう。スター効果を持つ宝石としては、ルビーやサファイア、ローズクォーツ、スピネル、ガーネットなどが有名です。

ルチルが原因でスター効果を持つ宝石

スター効果を持つ宝石の中でもルビー・サファイア・ローズクォーツはルチルが内包されることが原因です。ルビーやサファイアに関しては、全宝石の中でも特に人気の高い宝石ですが、スター効果を持つこれらの宝石は通常のものとは全く異なる美しさを持っています。ちなみに、特定のルビーやサファイアにだけ、このようなスター効果が出る理由は現在でも明確な答えは出ていないそうです。通常のルビーやサファイアではなく、自分だけのものが欲しいと思う方にはオススメです。

そのほかにもあるスター効果を持つ宝石たち

4610199_00スター効果を持つ宝石は、上記のような物だけではなく、スピネル、ガーネット、ペリドットなどがあります。さらに、特に希少と言われるのは『スターエメラルド』で、スター効果を持つエメラルドは幻の宝石などと呼ばれるように、非常に希少価値が高く目が飛び出るような価格がつくこともあります。ペリドットのスター効果も非常に珍しく、ミャンマーで産出されるペリドットの中に、稀にスター効果を持つものがあるのです。なお、ペリドットのスター効果は、あまり明瞭に出ないのが残念な点です。スピネル・ガーネットのスター効果は輝石、角閃石が含まれるのが原因と言われています。

まとめ

今回は、通常の宝石とは評価基準が全く異なる、スター効果を持つ宝石についてご紹介しました。上述したように、通常の宝石であれば、カラーの美しさや透明度の高さがその価値を決める重要ポイントとなるのですが、ここでご紹介したようなスター効果を持つ宝石は違うのです。というのも、スター効果というのは、宝石内部に含まれるインクルージョンが原因で発現するものですので、必然的に透明度が無くなってしまうものなのです。
一般的な宝石の楽しみ方とは違った美しさを持つものたちなので、「自分だけのジュエリーが欲しい!」と考えている方には非常にオススメですので、ぜひ好きな宝石のスター効果を持つタイプを探してみてはいかがでしょうか。

シェア!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...