ジュエリー業界で言う『天然石』とは?業界の豆知識をご紹介します

(未評価です。)
tennenseki-ict

今回は、ジュエリー業界でよく耳にすることがある『天然石』についてご紹介したいと思います。宝石は、様々なカラーを持った非常に美しい石ですが、ジュエリーショップの広告などには、しばしば『天然石』という言葉が登場します。しかし、ジュエリーショップで使われる天然石については、「石なんだから天然石なのは当たり前なんじゃないの?」と疑問に思うこともあるのではないでしょうか?
今回は、そんなジュエリー業界の素朴な疑問についてご紹介したいと思います。

天然石とは?

colorful

それではまず、天然石がどのような物なのかをご紹介したいと思います。とは言っても、そこまで複雑な話ではなく、天然石は人の手が加えられていない、自然界で生成された岩石や鉱石の総称です。この定義からすると、道端に落ちている石ころなども天然石に含まれているのですが、ジュエリー業界でいう天然石は、装飾品として用いるに十分な美しさと輝きを持っている石を天然石と呼んでいます。

因みに、ダイヤモンドやサファイア、エメラルドといった美しい宝石は、自然界で長い時間をかけて結晶化する際にさまざまな物が含有することでいろいろな種類の宝石になるのです。ジュエリー業界ででは、このような美しい天然石ばかり売られていると思う方が多いですが、近年では人工的に作られた天然石によく似たものも登場しています。その中には、天然石と偽って販売されるようなこともありますので十分に注意しましょう。

ジュエリー業界の豆知識

それでは、ここからは、ジュエリー業界の豆知識をいくつかご紹介していきましょう。ジュエリー業界には、一般の人がいまいちわからない宝石の知識が多く存在しているのです。

宝石の条件

天然石は、上述したように、自然界で生成された岩石や鉱石の総称で、人の手が加えられていない物は本来全て天然石なのです。それでは、ここからジュエリーショップなどで高額な価格を付けられる宝石になるにはどのような条件があるのでしょうか?
宝石と呼ばれるような天然石は、まず人の目を引き付けるような美しさを持っていることが条件になります。『美しい石=宝石』と言われれば、なんとなく納得できるのではないでしょうか?しかし、これだけでは宝石の条件を満たしているとは言えず、さらに『希少性』『硬度』を持っていなければならないのです。つまり宝石とは、「美しさ・希少性・硬度」の3つの条件を満たして、多くの人を魅了する天然石の事を指しているのです。

貴石と半貴石

天然石は3つの条件から大きく「貴石」と「半貴石」に分けることが出来ます。

  • 貴石
    貴石は「美しさ・希少性・硬度が7以上」の3つを満たした石の事を指しています。これは、見た目が美しく、希少性が高いとともに、ちょっとやそっとの衝撃などで割れてしまうことがないような耐久力を持つ石です。代表的な貴石は、ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルドなどです。
  • 半貴石
    半貴石は、貴石のような希少性や美しさを持っているものの、硬度が7未満のものを指しています。美しさでは上述の貴石に劣らないのですが、耐久力が弱い石たちです。

一般的な貴石、半貴石の判断基準は上記のようになっています。ただし、この貴石、半貴石は、明確な基準などが作られているわけではなく、国や専門家によって判断は異なります。あくまでも目安程度で考えておきましょう。

まとめ

今回は、ジュエリー業界の豆知識として『天然石』の条件をご紹介しました。天然石とは、自然界で作られる石のことを指していますので、厳密に言うと道端に落ちているような石ころであっても天然石に分類されます。しかし、この中でも宝石に分類されるには、美しさや希少性、適度な硬さなど、いくつかの条件を満たさなければいけないのです。
ジュエリー業界には、このような面白い豆知識も多いので、興味がある方はいろいろと調べてみると良いのではないでしょうか?そうすれば、お気に入りのジュエリーがもっと美しく見えるようになるかもですよ。

シェア!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...