ダイヤモンドよりも光り輝くと言われる『スフェーン』ってどんな宝石?

Rating: 平均:5 総合:5
sfnict

黄金の輝きを持つスフェーンという宝石はご存知ですか?スフェ-ンはとても美しい黄褐色を持った宝石で、その煌めきはダイヤモンドを凌ぐとも言われています。このスフェーンという宝石は茶色~緑色まで幅広いカラーを持っており、その中に赤やオレンジ、黄色などの色に光って見えるのが特徴です。一般的にはまだポピュラーとは言えないかもしれませんが、非常に強い輝きを持っている美しい宝石です。今回はそんなスフェーンにスポットを当ててみたいと思います。

スフェーンとは?

gd2754-m-01-dl
名前 スフェーン/チタナイト
英語名 Sphene/Titanite
黄系、緑系、褐色、茶系、オレンジ系
モース硬度 5-5.5
光沢 ダイヤモンド光沢、樹脂光沢
化学成分 CaTiSiO5
主な産地 パキスタン、イタリア、ロシア、中国、スイス、ブラジル、マダガスカル、オーストリア、カナダ、アメリカ

スフェーンとはチタンを含むケイ酸塩鉱物の一種で、別名ではチタナイトとも呼ばれています。実はスフェーンの名称は1982年に国際鉱物協会が『チタナイト』に統一すると発表しましたが、事、宝石を表す場合にはそれまでに慣れ親しんだ「スフェーン」という名称が使用されています。
スフェーンは宝石内に含む鉄、アルミニウム、マンガン、クロム、セリウム、イットリウム等の微量な不純物によって様々な色合いを示すのが特徴で、主に赤茶色、グレー、黄色、緑、赤等をした半透明の宝石です。ちなみに宝石としては青緑色したものが多く、分散率が0.051とダイヤモンドの分散率(0.044)をもしのぎ、肉眼ではとてもきらびやかに輝くのが特徴です。

スフェーンの色


上述しているようにスフェーンは内包する不純物によってさまざまな色を示します。市場に出回るスフェーンの多くは緑系の物が多く、次いで黄色~オレンジ~茶褐色等のようになります。人気のカラーは『マスカットグリーン』『ライムグリーン』などと呼ばれる明るい黄緑色の物です。

グリーンガーネットに似た色合いを持つ『クロム スフェーン』

スフェーンの中でも非常にまれですがクロムが発色要因になるものがあります。クロムを含んだスフェーンはグリーンガーネットのような濃い緑色をしており、濃い色をしている分明るい黄緑色のスフェーンと比較するとファイアは控えめですが、希少性を理由にコレクターなどから人気があります。そのようなスフェーンは他と区別するために「クロム スフェーン」と呼ぶことがあります。

幻想的な赤色のファイアを放つ『ロシアン スフェーン』

ロシアで産出する深緑色スフェーンの中には通常は7色にきらめくファイアが赤色に見えるスフェーンがあります。スフェーンはもともと多色性のある宝石ではありますが、この赤色に見えるファイアをもったスフェーンは蕪木安どのようにカラーチェンジしたかのような変化を楽しむことができます。特に暖色系のライトが当たった時にはこの特徴が顕著に現れます。
このようなスフェーンは『ロシアンスフェーン』と呼ばれ人気があります。

まとめ

今回はきらきらと輝き、ダイヤモンドよりも強いファイアを持っているスフェーンをご紹介しました。スフェーンは非常に美しい宝石ではありますが、まだまだポピュラーとは言えない宝石ではあります。したがって、人とは違った石を探している方にはお勧めですね。ちなみにスフェーンを保管するときの注意点は、衝撃にはあまり強くなくかけやすい部類の宝石なのでお手入れ時は柔らかい布などで優しく拭いてください。超音波洗浄などにはあまり向かないので控えましょう。なお、太陽光などに長時間さらされることと、退色する性質も持っていますので保管は暗いところにしましょう。

シェア!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...