ペリステライトをブルームーンストーンと書く問題について。

(未評価です。)
oon-ict

皆さんはペリステライトという宝石は聞いたことがありますか?この宝石は、近年鉱山の閉鎖で急激に価格が上昇しているブルームーンストーンに非常によく似た見た目をしており、高品質の物は本当に瓜二つで素人の方では見分けがつかないほど美しい宝石です。しかし、ペリステライトはまだまだ普通に採掘できる宝石ですので、本来無価値ではないものの、価格上昇が続くブルームーンストーンとは全く分けて販売しなければならないものです。しかし、パワーストーン業界では、よくペリステライトをムーンストーンとして販売していることが見られますので、今回はこの謎についてご紹介したいと思います。

ペリステライトとは

20170417_9_00

上の画像はブルームーンストーンです

ペリステライトは、上述の通り、ブルームーンストーンに非常によく似た宝石です。高品質な物は、『ムーンストーンは内側から光っているのに対し、ペリステライトは外側から光っているように見える』程度の違いしかない程度でしょう。
これほど似ているこの2つの宝石は、別物の石ではあるのですが、どちらもフェルドスパーグループに属するという共通点はあります。尚、ブルームーンストーンに関しては、鉱山が閉山してしまっていますので、現状流通しているものしかありませんが、ペリステライトに関しては、まだまだ普通に産出するものですので、希少価値は大きく異なります。ただし、ペリステライトに関しても完成度の高いものは少なく、高品質な物は宝石としての価値があるのです。特徴としては、ブルームーンストーンと同様に乳白色の下地に、青色の光が見えるとても神秘的な宝石となります。一般的にはカボションカットを施されるのですが、稀にファセットカットされたペリステライトも存在します。

ブルームーンストーンとの関係

それでは、パワーストーン業界などでペリステライトがブルームーンストーンと表現されるのはなぜなのかについてご紹介していきましょう。

ブルームーンストーンを流通名ととらえている

これは、フォルスネーム等と呼ばれる手法で、本来その鉱物より価値の高い宝石名を使い、鉱物に箔(はく)を付ける方法です。要はブルームーンストーンの人気や希少価値にあやかるため、その名前を使って価格のつり上げや、売り上げのUPを狙っているわけです。この手法は、何もペリステライトだけで利用される方法ではなく、様々な鉱物で利用される手法ですので注意が必要です。しかし、このペリステライトのように、完全に別物の宝石名を表示しての販売することは他には見られませんので、悪質とも言えますね。特に下の方にペリステライトと小さく表記しておき、上部にはブルームーンストーンの説明を入れているなども見受けますので、購入時には十分に注意しましょう。

ペリステライトの知名度が低い

上述のフォルスネームと似たような感じですが、そもそもペリステライトという名称の知名度が低すぎて、その名称のまま販売したのでは売れないという問題があるようです。その為、知名度も希少価値も高いブルームーンストーンの名称を前面に出して販売を行っているわけです。
上述のように、一般にはあまり知られていないペリステライトですが、その美しさはブルームーンストーンにも劣らないほどの美しさです。その為、業者が仕入れる場合でも決して安い値段で仕入れているわけではないため、お店も早く売ってしまいたいわけです。このような心情があり、ペリステライトとブルームーンストーンを混同して販売する業者が後を絶たないのです。

まとめ

今回は、ブルームーンストーンに瓜二つと言えるペリステライトについてご紹介してきました。本稿でもご紹介しているように、一般の人では見分けることが難しいほどよく似たこの二つの宝石ですから、より安価なペリステライトは、しばしば流通名としてブルームーンストーンと表記され販売されています。しかし、上述したように、近年その希少価値から価格が上昇しているブルームーンストーンとは別物ですし、その価値も大きく違うと覚えておきましょう。もちろん、別物の宝石ですので、お店で販売される場合、小さくてもどこかにペリステライトとの表記はあると思いますので、しっかりと注意しましょう。ただし、ペリステライト自体も、全く無価値な宝石というわけではなく、高品質な物は非常に美しく希少価値が高いものですので、ぜひ機会があれば手に入れてみてはいかがでしょう。

シェア!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...