【ジューンブライド】意外と知らない結婚式でのアクセサリーマナーをご紹介!

Rating: 平均:5 総合:5
kekonict

今年もゴールデンウィークが終わり、誰もが憂鬱な梅雨が近づいてきました。一般的に6月はジメジメして、雨が多く何となく嫌な気分になるという人も多いですが、結婚式に関してはジューンブライドという言葉があるほど、人気の時期でもあります。
したがって、この記事を読んでいただいている方の中にも、6月に入るといくつか結婚式にお呼ばれする予定が入っている方もいるのではないでしょうか?結婚式にゲストとしていく場合、主役は新婦さんだというのもわかりますが、自分の服装もある程度気合を入れていくという人は多いです。しかし、いくらめでたい席だからと言って、何でもかんでもOKというわけでもなく、身に着けるアクセサリーについては暗黙のマナーがあると知っているでしょうか?
そこで本稿では、友人の結婚式などで、場の雰囲気をぶち壊さないためにも、結婚式におけるアクセサリーマナーをご紹介します。

結婚式でNGなアクセサリーって?

tiara

それではまず、一般的に結婚式のゲストとして呼ばれている場合、身に着けていくのはNGとされているアクセサリーについてご紹介しましょう。最近では、こういった常識はそこまで気にされなくなっていますが、一応頭に入れて注意するようにしましょう。

派手すぎるもの、花嫁と被る物はNG

まず、衣装もアクセサリも同様ですが、花嫁と被るようなものを身に着けていくのはNGです。その為、花嫁と被る可能性が高いティアラや真っ白なボンネットは避けるようにしましょう。また、結婚式は華やかな場所だからと、やたらとキラキラした派手すぎるアクセサリーも基本的にNGです。あくまでも主役は花嫁ということを頭に入れ、抑え気味のアクセサリーを選びましょう。

殺生をイメージさせる素材

結婚式はめでたい席ですので、ファーや革製品、アニマル柄のアクセサリーなど、動物の殺生をイメージさせる素材は避けた方が良いです。若い人であれば、「何がいけないのかわからない?」と特に気にしない人も多いですが、年配の方は気にする人も多いです。結婚式は、親族など、年配の方も多いので、そういった方が不快にならないよう、注意しましょう。

ブランドロゴが目立つもの

ブランドジュエリーなどを購入した場合、他人に自慢したい気持ちで結婚式などに身に着けていく人は多いです。しかし、あまりデカデカとブランドロゴが入っているアクセサリーは、こういった席では下品と判断され、不快に思う人も少なくないようです。したがって、そういったアクセサリーは普段使いで使用し、フォーマルな席では控えめなアクセサリーを選ぶのがオススメです。

カジュアルすぎるのもNG

結婚式のアクセサリーで難しいのは、上述のように派手すぎる、ブランドロゴが…など高級品が下品と言われるのと同様に、カジュアルすぎるのもNGとされる点です。普段の生活の中で好んで利用するような綿や毛糸が素材となった髪飾りや、あまりに安物のネックレスなど、フォーマルなドレスに合わない物も避けた方が良いです。

その他結婚式でのアクセサリー選びについて

sinjynx

どういったものが結婚式のアクセサリーとして好まれないかはわかりましたね。ここでは、ポイントごとにもう少し詳しくアクセサリー選びを見ていきましょう。

結婚式の時間に注意

結婚式は、夜間にある場合、昼間にある場合と時間帯が様々ですね。この時間帯でも選択するアクセサリーを注意しなければいけません。例えば昼間の結婚式であれば、窓から入る光や屋外で記念撮影するときに、あまりキラキラする宝石をあしらったものはNGとされています。したがって、華やかなアクセサリーの代表と言えるダイヤモンドなどより、シルバーやパール、サンゴなど落ち着いたアクセサリーがオススメだと言われています。
逆に夜間に行われる結婚式では、ゴールドやクリスタル、ダイヤなどの華やかで映えるものを選ぶといいですよ。ちなみに、最近増えているレストランウェディングなどカジュアルなパーティーであればそこまでアクセサリーに悩まなくてもいいと思います。

首元のアクセサリーはパールがオススメ

結婚式では、胸元の開いたドレスを着る機会も多いと思います。したがって、結婚式のアクセサリーとして特に重要になるのが首元のアクセサリーです。特に首元のアクセサリーとしてオススメなのは、フォーマルな場ではどこでも利用できるパールをあしらったアクセサリーです。パールであれば、昼も夜も場所も選びませんので、一つはパールのネックレスを持っておくといいのではないでしょうか!

腕を飾る物に注意

腕を飾るアクセサリーと言えば、腕時計やブレスレットですね。しかし、結婚式に招かれた場合、どれだけ可愛くお気に入りの物でも腕時計をしていくのはNGです。これは、式中に時計を見ていた場合「早く終わらないかな…」と考えているのではととらえられることもあるためで、腕時計を付けるぐらいなら何もつけないで行きましょう。
ドレスの関係で何か身に着けたいのであれば、細身のブレスレットであれば上品に見えますし、ワンポイントとしてとてもかわいいと思いますよ。

まとめ

今回は、結婚式に招かれたときに、知っておきたいゲストのアクセサリーマナーをご紹介しました。結婚式は、おめでたい席なので、できるだけ華やかな服装で行きたいと考える人が多いですが、意外と細かな部分に暗黙のルールのようなものがあります。もちろん最近ではそこまで気にしない人も増えていますが、それでも年配の方などはまだまだ不快な思いをする人が多いようです。
結婚式は、誰もが快く門出を祝いたいと考える場ですので、その辺りもよく考えて身に着けるアクセサリーを選びましょう。

シェア!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...