職場でアクセサリーを身に着ける時の注意点をご紹介!

Rating: 平均:4 総合:4
acngict

今回は、職場にアクセサリーを身に着けていくとき、一般的に「そのアクセサリーはダメでしょ!」と判断されがちな、アクセサリーマナーについてご紹介します。近年では、職種が多様化した影響もあり、昔の日本社会のように「男性はスーツにネクタイ」、「女性は会社が支給する制服」などといった決まりもなくなり、ある程度好きな服装で出勤してもOKという企業も増えています。
しかし、いくら自由な服装が認められているからと言って、社会人として最低限のマナーぐらいは守っておかなければいけません。そこで今回は、一般的にNGと判断されるようなアクセサリーはどのようなものなのかについてご紹介します。

職場でNGとされるアクセサリータイプ

ngacそれでは、一般的に職場でNGとされるアクセサリーのタイプをご紹介します。もちろん、「基本的にNGと判断されることが多い」というだけで、会社によっては特に問題ない場合もあります。

大ぶりなアクセサリーはNG

まず、職場で目立ちすぎるサイズの大きすぎるアクセサリーは基本的にNGです。サイズの大きなネックレスやピアスというものは、小顔効果があると言われているため、多くの女性に人気があるのですが、職場では顔周りが目立ちすぎるアクセサリーはあまり快く思われないことが多いでしょう。したがって、ネックレスやピアスを付けるにしても、小ぶりな物や、ネックレスはゆらゆら揺れないタイプの物を選びましょう。

音が出るアクセサリーはNG

次は、音が出るアクセサリーです。このタイプは、見た目が小さくて目立たないようなものでも職場で身に着けていると他に人に迷惑をかけることがあるので、避けておいた方が良いでしょう。例えば、金属製のブレスレットなどは、パソコン操作中や文字を書く時にデスクにあたって、ガチャガチャ音が鳴ったりする場合があます。鳴らしている本人はそこまで気にならない物ですが、こういった音は小さくても周りの人からするとかなり気になる物です。
因みに、特に注意が必要なのはピアスで、ピアスは物によって通話中に電話に当たってしまい、相手の人が不快に思うことがあるので、電話をよく利用する仕事の方はそういったことがないよう小ぶりな物を利用しましょう。

社会人になると安すぎるものはNG

よく言われることで、ブランドロゴがデカデカと目立つような高級アクセサリーはヒンシュクを買うという話があります。しかし、その逆に、一目見て安物とわかるようなアクセサリーを社会人がつけていると「何でわざわざそんなものを付けているの?」と思われることがあります。したがって、あからさまに安物に見えるプラスチック製のアクセやビニール素材のようなものは、いくらお気に入りのアクセサリーでもプライベート用にしましょう。
因みにゴールドやシルバーなどのアクセサリーは上品に見え、小ぶりで華奢なデザインの物を用意すればほど良いワンポイントになり、仕事用に最適だと思いますよ!

まとめ

今回は、職場での基本的なアクセサリーマナーについてご紹介しました。最近では、そこまでうるさく言われなくなっていますが、それは社内だけのことであり、顧客からどのように思われるのかもきちんと考えて、自分の仕事内容に合わせたアクセサリーを身につけるよう注意しましょう。
職場でのアクセサリーは、指輪・ブレスレット・ネックレス・ピアスなどが一般的ですが、いくらシンプルな物であっても、そのすべてを身に着けてしまうとアクセサリー過多であまり良いイメージを持たれない可能性が高いです。したがって、職場でのアクセサリー選びは『引き算の方式』をイメージして控えめにしておくことが基本だと覚えておきましょう。プライベートであれば、好きなようにアクセサリーを楽しめば良いものですが、職場に出てしまうと、あなたは会社の看板を背負うことになるというのを忘れてはいけません。

シェア!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 平均点: 4.00)
Loading...