メッキが掛かっているジュエリーは安い!は間違い。メッキがされる意味をご紹介

(未評価です。)
kin-mekiict

皆さんは、ジュエリーを購入するとき、使われている素材について、どの程度気にしていますか?ジュエリーは宝石が主役となりますので、宝石の大きさや透明感、美しさに関しては細部まで注意深く確認すると思うのですが、貴金属に関しては、意外と気にしていない人が多いように思えます。
もちろん、貴金属とはいえ、さまざまなカラーがありますので、好みのカラーなのかは気になるのでしょうが、その金属や純度やメッキの有無などまで注意するなんて人は少ないのではないでしょうか。そのため、世間では『メッキ』に関するイメージが非常にネガティブになっているように思えます。メッキが施されたジュエリーの中には、買って間もないのにメッキが剥がれてしまった…なんてこともあるため、メッキが掛かっているジュエリーは安物だと考えてしまう人が出てしまうのも致し方ないかもしれませんが、実はメッキが施されているからといって粗悪品という訳ではないのです。
そこで今回は、ジュエリーに施されるメッキの基礎知識についてご紹介します。

そもそもメッキとは何か?

まずは、メッキとは何か…やメッキがかけられる理由についてご紹介しておきましょう。
メッキは、金属や非金属の基材の表面に薄い金属皮膜を生成することをいいます。このメッキをかける方法は数種類あるのですが、主流なのは、メッキ金属を溶かした液体に基材を入れて電流を流し、皮膜を生成するという手法となります。ジュエリーに用いられるメッキは、金メッキやロジウムメッキ、ニッケルメッキが多いです。
それではこのようなメッキがジュエリーに施される理由は何なのでしょうか?以下で見ていきましょう。

メッキがかけられる理由

メッキがかけられる理由は、主に3つあると言われています。

  • 基材を保護するため
    1つ目は『保護』の目的です。普段皆さんが身につけるアクセサリーは真鍮や銅、銀などの金属が使われています。しかしこれらは金属がむき出しの状態だと変色、腐食してしまうのです。したがって、表面にメッキを施し、変色や腐食から金属を守るのです。ただし、銀を使用したジュエリーの中には、変色することを良しとするブランドもあり、そのような場合にはメッキが施されていません。
  • 金属の化粧のため
    2つ目の目的は、金属を美しく見せるためのメッキです。メッキをかけると、色が均一になり美しく見えるという特性を利用しています。特に銀製のジュエリーは、使用しているうちに表面に色ムラが出てしまう場合があり、これを防ぐためにメッキをするということも多いです。
  • 金属特有のトラブルを防ぐため
    銀は、使用しているうちに黒ずみが表面に出てきてしまい、それが使用者の衣服などに付着して汚してしまう…なんて可能性があります。特に、ブローチやタイタック、カフスリングなど、衣類に直接触れるアイテムの場合、この特性を無くすためにメッキが施されるのです。

ジュエリーのメッキパターンについて

上述のように、メッキを施すにはさまざまな理由があるのです。したがって、高額なジュエリーに関しても、メッキが施されているなんてことは当たり前で「メッキ=安物」ということではないのです。最後に、貴金属ごとのよくあるメッキの組み合わせもご紹介しておきます。ただし、メッキに関してはメーカーによって基準などが異なりますので、必ずしも以下の通りではありません。あくまでも参考として覚えておきましょう。

プラチナにかけられるメッキ

婚約指輪や結婚指輪の素材として有名なプラチナですが、仕上げにロジウムメッキをかけることが多いです。プラチナにメッキをかける理由は、プラチナが黒ずんだ印象の色のため、よりきれいに見せるための化粧目的です。なお、直接肌に触れないプラチナの場合、下地にニッケルメッキをかけてロジウムメッキをかけられることもあります。

ゴールドにかけられるメッキ

ホワイトゴールドにはロジウムメッキがかけられます。ホワイトゴールドは、ホワイトという名がついているのですが若干黄色味があるため、これを隠すための化粧目的となります。

シルバーにかけられるメッキ

シルバーは、ほとんどの場合ロジウムメッキがかけられます。理由は上述の通り、使用しているうちに変色してしまい色ムラができてしまうことや、黒ずみが衣服を汚してしまう可能性があるからです。ただし、メーカーによっては、銀の変色を楽しむためや、銀特有の暖かみのある色合いを楽しむためという理由でメッキをかけない場合もあります。

まとめ

今回は、金属にかけられるメッキに基礎知識についてご紹介してきました。ジュエリーに使用される宝石に関しては、天然の美しさを楽しむものですが、土台となる金属に関しては、多くの場合何らかのメッキが施されています。つまり、メッキがされているジュエリーが安価なのではないのです。安物のアクセサリーなどの中には、購入して間もないうちにメッキが剥がれてしまう…なんてこともありますが、それはあくまでも、安物だからメッキも弱いだけです。

ジュリーを購入するときには、こういったメッキ部分にも注目してみると、より楽しめるようになると思いますよ。

シェア!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...