指輪をつけたまま温泉に…ジュエリーが変色してしまった時の対処法は?

Rating: 平均:5 総合:5
onsenhen

皆さんは、大切なジュエリーを身に着けたまま、温泉やプールなどに入ってしまい、変色して後悔してしまった…という経験はないでしょうか?結婚指輪など常に身に着けておくのが普通のジュエリーであれば、致し方ないかもしれませんが、パートナーとの旅行などで特別なジュエリーを付けていき、外すのを忘れてしまうということも珍しくないでしょう。
このサイト内でも何度かご紹介していますが、ジュエリーの中には温泉などに含まれる成分と反応してしまい、変色してしまう場合があるのです。そこで今回は、変色してしまったジュエリーの対処法についてご紹介します。

変色してしまったときの対処法

onsenhen01
それでは早速、大切なジュエリーが変色してしまったときの対処法をご紹介します。ここで注意が必要なのは、一口にジュエリーと言っても使用されている金属などが異なるため、それぞれに最適な対処をしなければならないという点です。ここでは、主な金属の対処法をまとめてご紹介します。

シルバージュエリーの対処法について

まずはシルバーについてです。シルバーはネックレスやピアスなどによく使用される金属ですが、温泉に含まれる硫黄にとてもデリケートです。間違って身に着けて温泉などに入ってしまうと、黒く変色してしまう場合が多いです。特に銅の含有量が多いジュエリーほど変色が早いです。
シルバーが変色してしまった場合の主な対処法は以下のような感じです。

  • 銀磨き用のクリームやクロスを用いて磨く
  • 牛乳に30分程度浸して、乾いた布で磨く
  • 歯磨き粉(重曹)を付けた布などで磨く

シルバージュエリーが黒く変色してしまった場合には、上記のように主に磨くのが対処法となります。原始的な方法ですが最も有効です。

ピンクゴールドジュエリーの対処法について

ピンクゴールドは日本人にも非常に人気が高く、指輪やピアス、ネックレスなどと幅広いジュエリーに利用される金属です。これはゴールドに銅を混ぜてピンクの色合いを出すという、とてもメジャーな金属です。
このピンクゴールドも、銅を含むことが原因となり、温泉に身に着けたまま入ってしまうと、黒く変色してしまう危険があります。表面のみが黒く変色した場合であれば、専門業者に依頼すれば磨きなおしてくれ変色を直してもらえます。ただし、ピンクゴールドは自分で対処するのは非常に難しい金属となりますので、何かあった場合にはコストがかかると思っておきましょう。

ホワイドゴールドジュエリーの対処法について

最後はホワイドゴールドです。ホワイドゴールドは、純金75%とパラジウム等を25%を混ぜた金属が一般的で、爽やかな白い輝きを持つことから結婚指輪などによく利用される金属です。
このホワイトゴールドは、身に着けたまま温泉に入ってしまうと、黄色く変色してしまう場合やメッキがはがれてしまう…などといった危険があります。対処法としては、ピンクゴールド同様、業者さんに依頼して仕上げなおしやメッキ(ロジウム加工)を施してもらう必要があります。つまり、自分自身で対応するのは難しい金属ということです

まとめ

今回は、温泉などで大切なジュエリーが変色してしまった場合の対処法をご紹介しました。本稿でご紹介したように、ジュエリーに使用されている金属の中には温泉に含まれる硫黄成分などを苦手にしているものが多く、間違って身に着けたまま入浴してしまうと意外と簡単に変色してしまうのです。しかも、使用されている金属によっては、自分で対処のしようがない場合も少なくありませんので、細心の注意が必要です。
大切なジュエリーを守るための最善の方法は、NG事項をきちんと覚えておき、事前に対策を取るということですので、変色してから焦らなくて良いようにきちんと知識を学んでおくようにしましょう!

シェア!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...