断捨離が流行?宝石買取りで騙されないために覚えておきたい悪徳業者の特徴

Rating: 平均:4 総合:4
dansyari-ict

近年、断捨離や終活などという言葉が流行しており、生活をシンプルにするためとか、物質中心の生活を改めるなどといった考えで、身の回りの宝飾品を売却して、できるだけ身軽な状況を作ろうと考える方が増えていると言われています。
もちろん、母親や祖母から受け継いだような大切なジュエリーであれば長く大切に持っている人がほとんどでしょうが、中には使いもせずボックスの中に保管しっぱなしになっているようなものもあるでしょう。それでは、そういった宝飾品を売却しようと思ったときには、どういったことに注意すればよいのでしょう?うっかり悪質な買取業者に選定を依頼してしまうと、驚くような価格を提示されてしまったりすることもあるので、注意しましょう。
今回は、宝石の売却を考えた時、注意したい怪しい業者の特徴をご紹介します。

悪質な業者の特徴

dansyari01それでは、悪質…怪しい…と判断できるような注意ポイントをいくつかご紹介していきます。どういった業者でも似ていますが、悪質業者にはある程度共通するポイントがあるのです。

値段がコロコロ変わる業者は注意!

まずは買い取り価格をコロコロ変える業者です。例えば、最初はとても良い値段を出しておいて、あとから「傷がある…」「デザインが少し古い…」など細かな難癖をつけ、徐々に値踏みをしてくるような業者があります。逆に、できるだけ安く買おうと、非所に安い値段を提示し、お客様が「値段が気に入らないからやめておきます」と伝えると、すぐに買取価格を上げてくるようなパターンもあります。
こういった業者は、どちらも通常より安く買われてしまうことになるので、やめておいた方が良いでしょう。ジュエリーや宝石は、お店によって査定ポイントが異なるものの、きちんと査定するお店であれば、最初に提示した査定価格が大幅に変わるようなことはありません。したがって、お客様の顔色を見て価格を変えるような業者は怪しいと思った方が良いです。

買取査定の内訳が明確でない

宝飾品を買取に出した場合、しっかりした買取店であれば、金属部分のグラム単位での価格、宝石が使われている物であれば、そのカラット数と品質、デザインやブランドなどの付加価値をしっかりと自社の査定基準で価格を出します。
したがって、根拠ある査定価格が出せるわけです。当然、お客様に査定価格を提示する場合、それらの内訳を伝票にして提示してくれるはずです。貴金属の重量なども目の前で測ってくれます。
つまり、悪質な買取業者の場合、こういった買取査定基準がないため、価格提示の場合に伝票などもありませんし、貴金属の査定時には裏に持ち込んで重量を測るなんてことをします。価格の根拠がないわけですので、そのまま売却するのが良いはずありませんね。また、その宝石が非加熱・無処理、あるいは産地別での適正価格の判断がなされているか、そのような知識も持っていての査定であるのかも大切なポイントです。

強引な買取手段を取る

ジュエリーの買い取りの場合、査定してもらってその金額に納得できないのであれば、当然売却は断る物です。しかし、悪質な買取業者の中には、お客様の意思を尊重せず、強引な買取手段に出る場合があるのです。例えば、売却を断って帰ろうとしてもなかなか返してくれない…、査定だけで売らずに帰るとキャンセル料がかかると言われるなどといった事例が多いようです。
当然、こういった消費者の意思を無視するような業者が良質な業者なわけはありませんので、やめておいた方が良いでしょう。

まとめ

今回は、宝石の売却を考えた時、悪質業者に騙されないようにするため、注意しておきたいポイントをご紹介しました。本稿でご紹介した以外にも、注意しておきたい細かなポイントもありますが、上記にような業者はほぼ間違いなく悪質と言えるので、やめておいた方が良いでしょう。近年では、SNSの発達もありますので、買取依頼をする前に、その業者の口コミを調べてみるなどの対策も有効だと思います。
一般の人からすれば、宝石をみれば美しいと思うものの、価格付けをするための良し悪しまでわかる人はほとんどいないでしょう。したがって、宝飾品の売却時にはいくつかの買取店に査定に出してみて、いろいろなお店の評価を確認するのが良いと思いますよ!

シェア!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 平均点: 4.00)
Loading...