金属アレルギーが出やすいのはどんな人?検査方法や治療方法ってある?

Rating: 平均:4 総合:4
kinare-ict

「ネックレスをつけたら、首が赤くただれた…」
「ピアスをつけると、耳がかゆくなるor赤くなる…」
「指輪をつけていたら手が荒れてなかなか治らない…」
このような経験がある人は、金属アレルギーを疑った方が良いでしょう。最近でこそ、食べ物に関するアレルギーは、認知がひろがってきているものの、体内に取り込まないジュエリーでアレルギーが起こるなんて…などと考える人は少なくありません。実は、誰もが普段使いしているアクセサリーですが、日本人の10人に1人は金属アレルギーを発症しているとも言われているのです。さらに恐ろしいのは、大人になってから初めて金属アレルギーが発症したという人も少なくないという点です。
そこで今回は、金属アレルギーの基礎知識として、どのような人が発症しやすいのかや、金属アレルギーを持っていないか検査するにはどうすれば良いのかについて紹介します。

金属アレルギーになりやすいと言われる人は?

kinare-01それではまず、どういった人が金属アレルギーになりやすいのか?という点からご紹介します。一般的にですが、金属アレルギーの発症は、体質や生活習慣が関係していると言われていますので、発症しやすくなる要因を以下でご紹介します。

金属が触れた部位やその周囲が赤くなるなどの場合

このタイプは、接触皮膚炎などとも呼ばれ、ネックレスをつけたら、首が赤くなった…や痒くなるなどと言った症状です。このタイプの要因は、

  • 汗をかきやすい
    ジュエリーに汗が大量に付着すると、金属が溶けてイオン化しやすいため、それが要因となりアレルギー反応を生じやすくなるそうです。汗をかきやすい人は、夏場のアクセサリーは注意かもですね。
  • 金属製のアクセサリーの使用頻度
    金属製のアクセサリーを頻繁に使用する方は、金属アレルギーが発症しやすくなると言われています。特にピアスは、皮膚を貫いて真皮と直接接触するので、アレルギー反応が生じやすいそうです。
  • タトゥーやアートメイク
    タトゥーなどに使用されるインクには、金属が含まれているものもあり、タトゥーやアートメイクをきっかけに金属アレルギーが発症する人もいるそうです。

金属アレルギーには、全身性金属皮膚炎と呼ばれるタイプの物もあります。こちらは、銀歯が唾液によってイオン化し、アレルギーを発症する…、食品に含まれる金属によってアレルギーを発症する…というのが主な要因と言われ、ジュエリーにはあまり関係なさそうですが注意しておきましょう。

金属アレルギーが疑われる場合はどうする?

kinare-02アクセサリーを外した後に、ちょっと赤くなっていたりして「金属アレルギーかも…?」と思った事はありませんか?そういった場合、放置してしまうと症状が悪化して炎症が全身に及んでしまうなどの恐れもありますので、まずはお近くの皮膚科で検査してみましょう。検査の結果、アレルギー反応がある場合は、薬の処方など、改善のための指導をしてもらうことができます。

金属アレルギーの検査方法

金属アレルギーの有無や金属の種類を皮膚科で調べる場合には、パッチテストと呼ばれる検査が行われます。これは、皮膚科などで診察を受けた後、試薬をつけたパッチテストユニットを背中に張って48時間置いておくだけです。48時間経過したら、ユニットを除去してみて、その周辺の皮膚にアレルギー反応が出ていないか判定するのです。さらに、その1日後に再判定し、それでも所見がはっきりしない場合は、7日目に再審するケースもあるそうです。
パッチテスト自体は、そこまで難しいものではないので、自分が金属アレルギーかも…と思っている人は、ぜひ検査しておくことをオススメします。

金属アレルギーの治療は?

上述のパッチテストで、アレルゲン物質が判明した場合、基本的にアレルゲンとなる金属を避けるための生活指導が行われます。皮膚の炎症やかゆみがひどい場合には、ステロイド外用剤や抗ヒスタミン剤などが処方されます。
金属アレルギーに限らず、アレルギーというものは『病気』というよりも『体質』ですので、何らかの治療で治すのではなく、自身のアレルゲン物質とどうやってうまく付き合っていくのかということが重要になります。自分にとって「何がアレルゲンなのか?」を知っておけば、普段の生活の中で何に注意すればよいのかがわかりますので、アレルギーの発症を最小限に抑えることが可能です。つまり、皮膚科などで行われる治療とは、そういった生活指導が主になると思います。

まとめ

今回は、ジュエリーなどによって発症する可能性がある金属アレルギーに関して、その基礎知識についてご紹介しました。本稿でもご紹介したように、金属アレルギーというものは、10人に1人が発症していると言われており、誰もが発症してしまう可能性があるといえるものです。さらに、大人になってから突然、金属アレルギーが発症してしまった…という人も大勢いるようですので、今まで問題なかったから大丈夫ともいえない物なのです。
万一、アクセサリーを着用したときに、皮膚が赤くなった、痒くなったなどの問題が生じた場合、できるだけ早く皮膚科などに相談してみることをオススメします。金属アレルギーは、アレルゲンさえわかれば、それを避けてジュエリーを楽しむことができますので、まずは、自分のアレルギー物質を見つけましょう!

シェア!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 平均点: 4.00)
Loading...