「黄色(イエロー)」の宝石ジェムまとめ|金運アップならシトリンの指輪やネックレスを!

Rating: 平均:4 総合:4
103408414_o1

宝石は様々な色を発色しそれぞれがとても美しいですよね。その中でも黄色の宝石は、色の持つ暖かな雰囲気で明るく元気な気分にさせてくれると人気があります。
また、黄色い宝石は昔から金運を運ぶ宝石として大切にされてきた宝石が多く、いろいろなパワーストーンとしても人気があります。
今回はそのような黄色の宝石にスポットをあてたいと思います。

いろいろな赤い宝石をご紹介

それでは黄色の石をご紹介していきます!

イエローサファイア

ye01
各色あるコランダムの中で、黄色味の強いオレンジからイエローに発色したものをイエローサファイアと呼びます。イエローカラーのサファイアは、色々なサファイアの色の中で最も個性的が強いと人気があります。

モース硬度:9
石言葉:自信、目標達成、集中力
9月の誕生石

イエローダイヤモンド

ye02
イエローダイヤモンドはカラーダイヤモンドの一種です。その発色は淡い黄色から濃い黄金色まで様々なものまであり、明るく華やかで美しい輝きを持つためカラーダイヤの中でも非常に人気があります。

モース硬度:10
石言葉:清浄無垢、永遠の愛
4月の誕生石

シトリン

ye03
古くから「商売繁盛」や「富をもたらす」幸運の石として人気があります。シトリンの語源は、柑橘類である”シトエン”の果実の色に似ていることからつけられたそうです。中世ヨーロッパでは『トパーズ』とも呼ばれていたそうです。

モース硬度:7
石言葉:友愛・潔白・希望

スファレライト

ye04
ダイヤモンドに匹敵する屈折率と分散率を持つスファレライト。透明度が特に高いものは、まばゆいばかりの輝きを放つことから、クライオフェンとの別称も持ち『幻惑の石』と呼ばれ非常に人気があります。

モース硬度:3.5~4
石言葉:調和

“屈折率と分散度”が高い代表的な宝石まとめ【宝石豆知識】

2016.08.25

カナリートルマリン

ye05
内包物にチタンと鉄を含むと黄色を発色し「カナリートルマリン」と呼ばれます。テリが強くイエローダイヤの様な輝きを持つため、トルマリンの中でも非常に高い人気を誇ります。

モース硬度:7~7.5
石言葉:人生の展開
10月の誕生石

ゴールデンパール

ye06
和名は真珠です。真珠は、貝に異物が混入し、貝の分泌物により内包され真珠として育っていきます。その育っていく過程で黄金の色味を持つものを『ゴールデンパール』と呼びます。

モース硬度:3.5~4.5
石言葉:純潔、勝ち取る愛、女王の品格
6月の誕生石

真珠(パール)が採れる母貝の種類一覧【保存版】

2016.08.25

幸運の石と呼ばれる黄色の宝石

今回は『黄色の宝石』をご紹介いたしましたがいかがでしたか?
黄色の宝石は、着けているだけで、暖かな色合いから明るい気分にさせてくれる宝石でもあります。金運や財運上昇にも良いといわれる宝石も多いので黄色の宝石で作られたジュエリーを一つ身に着けているだけで何かいいことがあるかもしれませんね!

シェア!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 平均点: 4.00)
Loading...