真っ赤なルビーとスピネル迷ったらどっち?

Rating: 平均:5 総合:5
spnl_ict

ルビーとは違うスピネル!

かつては、ルビーやサファイアとよく間違えられていたスピネル。名前は聞いたことがあるけれど…という方も多いのではないでしょうか。長い間ルビーと間違われていたスピネルですが、実は硬度が高く耐久性に優れているという点も含め末長く大切にしたい宝石の1つなんです。今回はそんなスピネルについてご紹介致します。

スピネルとは?

スピネルの由来は、八面体の端が尖っているため、ラテン語でトゲを意味する「スピナ」からきました。レッドスピネルの見た目がルビーに似ていると言われる理由は、ルビーやサファイアを構成する鉱物である「コランダム」鉱床の近くで採掘されるということが挙げられます。スピネルは単屈折、ルビーは複屈折なのでスピネルの方が濃い発色が見られます。またスピネルはいくつものカラーバリエーションを持ち『ほぼ全ての色が揃う』と言われるほどです。購入する際は、ルビーよりもスピネルの方がお手頃です。

多くのスピネルの原石は、ダイヤモンドの原石と同様に、正八面体をしています。
これがトゲに似ていることからラテン語でトゲを意味するスピナが転じて、スピネルと呼ばれるようになりました。
レッド・スピネルがルビーと違う鉱物ということは、1783年まで明確になっていませんでした。
ドイツの鉱物学者マックス・バウアーが、1896年に著した『プレシャス・ストーン』には、スピネルの項に「スピネルはキズが少ないため、ルビーよりも上質なものが手に入る」「1カラットのレッド・スピネルは、ルビーの約半額の5~7ポンドである」と記述されています。
レッド・スピネルの美しさは、その純粋な赤にあります。スピネルは単屈折の鉱物なので、多色性は見られません。上の写真はミャンマー・モゴック産で、ファセットカットによって作られる、明るいオレンジみの赤や暗い赤のモザイクが、バランスのとれた美しさを見せています。
引用;http://www.suwagem.com/

余談ですがスピネルの興味深いお話として、「黒魔術師」が悪魔を召喚する為にスピネルを使う事や、また彼らが火から身を守るための魔よけとして使っていた等の伝承も伝わっています。他にも「中世の1415年のアジャンクールの戦いでは、イギリス王ヘンリー5世の兜についたスピネルが敵の攻撃を防いだ」など宝石らしからぬユニークな逸話があります。スピネルはジェムストーンの歴史の中では、ユニークなポジションあったみたいですね!他にもおもしろい伝説がありますので調べてみても楽しいのではないでしょうか。

スピネルは全てのカラーがあるんです!

スピネルの大きな魅力とは『ほぼ全ての色が揃う』という事があります。スピネルは主に赤、ピンク、青の物が多いですが、不純物のないスピネルは白い色をしています。そこに混合物が含まれ様々な色を発色するのです。どの色に関してもジュエリーとして使われますが、その中でも「レッドスピネル」が最も高価で人気があります。
また、スピネルはその力強い色と丈夫さによって色々なジュエリーに使用されますが、屈折率が高いためカッティングの技術が輝きを大きく左右します。

spnl02

出典:https://www.gstv.jp/

スピネルは、価格の面でルビーより手頃ですし、その豊富さ、カラーの魅力から非常に人気のある宝石です。

GIAの公式ページで上図以外の様々なカラーのスピネルがチェックできます。

お手軽なのに綺麗なスピネル

今回はルビーとよく似ていると言われる宝石、スピネルをご紹介してきました。ルビーの赤とスピネルの赤、ピースによって様々です。スピネルはルビーよりリーズナブルなので是非、ひとつ手に入れたいですね!
価格は安いと言っても希少性ではスピネルの方が高いものもあるのですよ!

まずひとつ赤いスピネルを手に入れれば次は様々な色のスピネルが欲しくなりそうですね。

シェア!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...