オシャレな人はチェーンの長さを熟知しています。

Rating: 平均:5 総合:5
ncl_ict

みなさんがジュエリーを選ぶときに気にするポイントはどこですか?宝石の種類、色、形…色々とあるかと思いますが意外と印象を左右するのに大きな役割を担っているのが「チェーン」なのです。普段は意識を向ける優先度が下がりがちなチェーン。自分に似合うチェーンの長さを探すべく、今回はジュエリーのチェーンに迫ります。

ネックレスのチェーンの”いろは”

チェーンには基本的に2種類の形があります。それは「アズキチェーンタイプ」と「キヘイチェーンタイプ」です

d18ecaec (1)

出典:http://blog.livedoor.jp/neobeads/archives/51847171.html

アズキチェーンは、向きの違うコマを組み合わせているので、上図のように違う向きのコマが交互に並びます。逆に、キヘイチェーンは、コマを同じ向きで組み合わせているのでコマが同じ向きになります。基本的には、ほぼこの「アズキ」「キヘイ」の2種となり、そのコマを2重・3重、複雑に組み合わせるとデザインとして別の呼び名になります。

普段使いやオフィススタイルに!ショートネックレス編

ショートネックレスは35㎝~60㎝の長さのことを言います。

35cm / チョーカータイプ
比較的誰にでも似合う長さで合わせやすく、使いやすいです。どんな首のタイプの方でも似合う形です。

40〜45cm / プリンセスタイプ
チョーカータイプよりは首周りに少し余裕があり、すっきりした首のラインを演出してくれる形です。

50〜60cm / マチネタイプ
トップの部分が胸元のあたりにくるので、ペンダントトップは大ぶりなデザインのものがオススメです。

パーティーなどにも対応!ロングネックレス編

ロングネックレスは80㎝~120㎝のものをいいます。

80-90cm / オペラタイプ
シンプルなニットワンピやパーティドレスなどと合わせやすいのが特徴です。長身の方も華奢に見える形です。

100-120cm / ロープタイプ
オペラタイプよりさらにボリュームアップしたタイプでカジュアルからフォーマルまでどんなスタイルにもマッチ。

ロングタイプはゆったり目のワンピなど普段着でも活躍しますが、パーティドレスなどに合わせると、とても上品に着こなすことが出来ます!

チェーンの長さで変わる印象

ジュエリーで基本とされるチェーンの長さは40~45㎝です。
「果たして私はその長さが似合っているのだろうか…」と思いますよね。それぞれの長さの特徴を知ることで似合う形を見つけやすくなったのではないでしょうか。もともとその長さだから何の気なしに身に着けていたけれど…というあなたも、今こそ自分に一番似合う長さを見つけ出してみてはいかがでしょうか。

シェア!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...