指輪で手を綺麗に見せる。自分に合った『指輪』の見つけ方

Rating: 平均:5 総合:5
yubiwaict

手は毎日何らかの作業で使用する為、いろいろな刺激を外部から受け、年齢が出やすいパーツです。しかも手はいろいろな表現で使用するパーツなため、意外と他人の目に触れる部分でもあります。
女性であればいつまでも美しく、ネイルや指輪が映える手でいたいと思うものですよね。そこで今回はそれぞれの手の形や指の長さなどに合った指輪の選び方をご紹介します。指輪の選び方一つで手の見え方はずいぶん違うのですよ!

手の悩みによる指輪の選び方

それでは早速指輪の選び方をご紹介していきます。今回は、悩み別に分けてご紹介しますので、自分の悩みに当てはまるものがあるか探してみてくださいね。

指の太さが悩み

yubiwa01まずは女性は多くの人が気にするであろう「指の太さ」です。指は体のパーツの中でもむくみやすい部分なので、その日の体調によっても指の太さが変わってしまうことなんかもありますよね。もちろん元々の指の太さに悩みを持っている方にも言えることですが、指が太い方や手が少しぽっちゃりしている方は細めのリングや小さいリングを選択することはやめましょう。指が太いから華奢なリングを選びたいと思うかもしれませんが、逆に太さが強調されてしまいます。
オススメの形状は、ある程度ボリュームのあるリングや、V字・S字・ウェーブなど指輪のラインに変化のあるものがオススメです。

指が短いのが悩み

「指が短い…」という悩みも多いですね。女性であればだれでもスラッと長い指にあこがれると思いますが、誰もがそうもいかないものです。指が短いということに悩んでいる人におすすめのリングは「V字やU字」の形状の物です。V字やU字のリングは、その分だけ指の付け根がずれて見える視覚効果があるため指が長く見えます。また、ウェーブラインの物も指長効果を発揮するのでこちらもオススメです。

関節が太い事が悩み

指はそこまで太くないのに関節が太いというお悩みを持っている方もいますよね。間接が太い方は、指輪も入りにくく、入ったとしてもつけた場所ではクルクル動いたり等のお悩みもありますよね。間接が太い方は、チャームのついたリングで関節に注目が行かないようにしたり、デザインに変化のある物がオススメです。また、人間の目は光る物や揺れる物に注目するものなので、光沢のあるものを選び注目がそこに行くようにするのもいいですね。

肌が色ことが悩み

yubiwa04肌の色は人によって違いますので、他人が見た場合は何とも思われていないのに、自分ではコンプレックスに思っているなんてことは多いですよね。肌の色に対するリングの選び方は、肌の色が黒い人は「ゴールド」のリングが合うといわれています。色白の人に合うリングは「青い石」がついたものがいいそうですよ。リングに「青い石」がついたものを着用することで、肌の白さを一層際立ててくれるそうです。

まとめ

今回は、手や指に関する悩みに合わせた指輪の選び方の基本をご紹介してきました。近年、指輪はファッションアイテムとしてはマストアイテムとなっていますよね。どうせつけるなら自分の好きなデザインや形、色のリングを着用したいものですが、より手を美しく見せるには、それにあった形状の物と言うのはやはり存在します。
手や指に何かお悩みがある場合は上にご紹介した方法でより自分にあった指輪を探してみてはいかがでしょうか?

シェア!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...