ジュエリーの美しさ・輝きを50年持続させるお手入れ方法

(未評価です。)
pal

プレゼントしてもらったもの、これだ!と思って購入したもの…ひとつひとつのジュエリーに思い入れがありますよね。
そんな大切なジュエリーはいつまでも綺麗に使いたいものです。今回はジュエリーを長く良い状態で使うポイントを3ステップでご紹介します。

ステップ1「宝石の特性を知る」

宝石の種類によっては濡れるのが×、洗剤が×、湯が×、振動が×など、それぞれに注意しなければならない特性があります。
では早速、一覧表で主要な宝石の特性を確認していきましょう。

出典:http://www.kouki-kurasako.com/care.html

このように様々な特性があります。ただ、迷った時は購入店で尋ねるのが一番ですので聞いてみましょう。

ステップ2「石別のお手入れ方法を知る」

乾拭き群:パール
水洗いは避け、真珠専門のクロスまたはセルベットで汚れを落とします。使用後すぐお手入れを施して宝石箱へ。

水拭き群:琥珀・珊瑚・マラカイト・ターコイズ
ティッシュやコットンなどを水で湿らせ、表面を拭います。次にセーム皮又はセルベットで表面を乾拭きします。 艶がなくなったときは専門店へ。

洗剤+水洗い群:エメラルド・カメオ
柔らかい絵筆などを使い、洗剤液をあわだてたもので汚れを落とします。よくすすぎ洗い。最後に乾いた布で水気を取ります。(お湯は厳禁です)使用後すぐお手入れを施して宝石箱へ。

洗剤+お湯洗い群:ルビー・サファイア・水晶・ガーネット・トルマリン・アクアマリン・トパーズ・アレキサンドライト・キャッツアイ等
中性洗剤入りの温湯に浸します。次に歯ブラシ(柔らかめ)や硬めの絵筆で汚れを落とします。最後によくすすぎ洗いをした後、乾いた布で水分をふき取ります。

特別編:ダイヤモンド
中性洗剤入りの温湯に3~5分ほど浸します。次に歯ブラシなどで、ひどい汚れを落とします。再びお湯に戻し、沸騰させ、吹きこぼれそうになったら差し水を3~4回繰り返します。最後にきれいなお湯ですすぎ洗いをします。 表面の水分を軽く拭き、そのまま乾かしましょう。

ステップ3「毎回する簡単お手入れ法」

ステップ2でご紹介したのは、いわゆる「大掃除」のようなもの。使った後に毎回するお手入れ方法をご紹介します。
ジュエリーを外したら、必ず表面を拭くことが大切です。使ったら拭く習慣を!
一日身に着けたジュエリーはきれいなようでも汗やホコリで汚れています。ジュエリーをケースにしまう前に、ジュエリー用のクロスで拭くだけでも輝きが違ってきます。ほんの30秒程度のひと手間で宝石の輝きが変わります。
出典:https://www.mikimoto.com/jp/about-je/howto/modern/130809.html

番外編

最後にお役立ち情報をいくつかご紹介します。

  • ぬるま湯って何度?乾拭きってどうするの?そんな疑問をお持ちの方はコチラ
  • 宝石の素朴な疑問についてのよくあるQ&Aを見たい方はコチラ

いかがでしたか?
自分でできる簡単なメンテナンスを事欠かないことで、宝石を長く楽しむことができるのです。大切なことは『外したら必ず拭くこと!』きれいな柔らかい布で拭けばなんとかなります。早速今日からお手入れをはじめてみませんか?

シェア!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...